今後リフォーム・リノベーションで対策するべき大規模災害

お問い合わせはこちら

今後リフォーム・リノベーションで対策するべき大規模災害

今後リフォーム・リノベーションで対策するべき大規模災害

近年、日本各地で大地震や台風による激甚災害、ゲリラ豪雨や猛暑による災害も多発しています。リフォームやリノベーションをすると、これらの大規模災害に備えることができます。ここでは、大規模災害の対策につながるリフォームやリノベーションについて解説します。

 

●地震対策につながるリフォーム・リノベーション

現在では耐震基準の見直しが行われており、最近の建物は地震に強い構造になっています。しかし、古い建物は地震に弱く、地震の揺れで構造体の一部が破損したり、最悪の場合は倒壊したりする危険性があります。建物の耐震性は耐震診断を受けると判明し、耐震診断で問題があった場合は耐震リフォームをすることで、地震に強い建物にすることが可能です。福山のリフォーム専門店のReくらすは、耐震診断を行っており、地震に強い住宅であるか否かがわかります。耐震性に問題がある場合は、耐震リフォームをして地震に強い住宅にすることができます。

 

●台風やゲリラ豪雨の対策につながるリフォーム・リノベーション

台風では屋根が被害を受けることが多く、屋根瓦が剥がれたり飛んだりすると雨漏りが目立つようになります。ゲリラ豪雨の被害では、雨漏りが発生することがあるため、屋根リフォームをして屋根を補強することが対策として有効です。リフォーム専門店のReくらすは、福山市や尾道市、府中市で屋根リフォームを行っており、台風やゲリラ豪雨などの災害に強い住宅にすることができます。Reくらすは屋根診断も行っていますので、普段はチェックすることが難しい屋根の状態がわかり、必要であれば屋根リフォームも行います。

 

●猛暑対策につながるリフォーム・リノベーション

最近は異常気象の影響で、夏になると猛暑になります。しかし、リフォームをすることで夏を涼しく快適に暮らせるはずです。猛暑対策では、玄関網戸やランマ付き玄関ドアなどを活用して室内の風通しを良くしたり、屋根裏を改良したりすることで2階の部屋の暑さが軽減します。暑さで悩んでいる場合は、Reくらすに相談すると、猛暑対策につながるリフォームやリノベーションを行います。さらに、断熱材や断熱塗料などを使用し、暑い夏でも涼しい室内で快適な暮らしが実現するのです。また、リフォームをすることで、光熱費の節減にもつながります。

 

耐震リフォームや屋根リフォーム、断熱リフォームをすることで、地震や台風、ゲリラ豪雨、猛暑などに備えられます。これらの災害対策のリフォーム・リノベーションは、リフォーム専門店のReくらすに依頼できます。福山で全面改装・増改築などをお考えでしたら、Reくらすにご相談ください。費用について知りたい方も、お気軽にご連絡いただきたいです。

資料請求・家づくりの
ご相談はこちら!

Reくらすへのお問い合わせ・ご相談・
資料請求は電話または
フォームより承ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。