和室vs洋室!それぞれのメリット・デメリットを徹底比較

お問い合わせはこちら

和室vs洋室!それぞれのメリット・デメリットを徹底比較

和室vs洋室!それぞれのメリット・デメリットを徹底比較

リフォームでは和室を洋室にしたり、洋室を和室にしたりすることも可能です。和洋折衷のお部屋にすることも可能で、ライフスタイルに合わせて自由に選ぶことができます。ここでは、和室と洋室のメリットとデメリットを説明しますので、リフォームをする際に把握しておくことが大切です。

 

●和室のメリットとデメリット

メリット

デメリット

汎用性の高さが和室のメリットです。昼間は居間として使用し、夜は布団を敷くと寝室になりますので、限られた空間を有効活用できます。また、和室で使用する障子は通気性が良く、高温多湿の日本の夏に適しています。和室は日本の住宅事情や気候風土に適しており、一年を通して快適に暮らせます。

畳・障子・襖などは、定期的に交換しなければならず、こまめなメンテナンスが必要になります。特に障子や襖は傷みやすいので、小さな子供やペットがいる家庭であれば、修繕費が高くつくことがあります。

 

●洋室のメリットとデメリット

メリット

デメリット

洋室は畳敷きの和室と比べると床が頑丈にできており、重さのあるベッド・家具・ソファーなどをそのまま置くことが可能です。和室だと重量物を置くと畳がへこんでしまいますが、洋室だと床がへこむことはなく、部屋の中にいろいろな物を置いて空間を自在にコーディネートできます。

床材のフローリングは硬くて冷たいので、畳のように寝転がることが難しく、生活音も下の階に響いてしまう可能性があります。しかし、防音性に優れた床材もありますので、リフォームをすることで防音性を高められます。

 

 

 

●ライフスタイルに合わせてリフォームする

このように、和室も洋室もそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらが優れているとは一概には言えません。畳の上で寝転がりながらテレビを見たり、ゆったりと暮らしたりしたい方は和室が向いており、自分好みに空間をコーディネートしたい方は洋室が向いています。Reくらすは、福山市・尾道市・府中市などでリフォームを行っており、相談していただければライフスタイルに合わせたリフォームが可能です。和室と洋室の両方のメリットを備えた和洋折衷のお部屋にすることもでき、より快適に暮らせるようになります。

 

福山市でリフォームをお考えでしたら、Reくらすにご連絡ください。和室は汎用性が高いことがメリットで、こまめなメンテナンスが必要な点がデメリットです。反対に、洋室は好みのインテリアにコーディネートできることがメリットで、床材が硬くて冷たいことがデメリットです。評判や口コミを見ながら、リフォーム会社をお探しの方も、一度ご相談ください。福山市などで活動しているReくらすに相談すると、ライフスタイルに合わせたリフォームをすることができ、快適に暮らせるようになります。

資料請求・家づくりの
ご相談はこちら!

Reくらすへのお問い合わせ・ご相談・
資料請求は電話または
フォームより承ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。