家を購入するおススメのタイミングとは?

お問い合わせはこちら

多くの方が人生の中で最も高い買い物になると言われる家の購入ですが、それだけにいつ家を購入するのがよいのか、思案のしどころです。

一般的にどんなタイミングで購入される方が多いのか、またそれぞれの購入のタイミングにおいてのポイントを考えます。

お客様ごとにベストなタイミングは異なると思いますので購入をお考えの方はご参考になさってみてください。

人生の大きなイベントによるタイミング

多くの方が気にするタイミングは、結婚・出産・入園・入学です。
ライフステージに応じて、必要とされるお住まいの状況は変わります。

ご結婚時においては、独身の時とは生活スタイルが大きく変わります。

そのタイミングで家を購入すると、とても気持ちよく華やかなでもありますが、お子さんを授かったりお仕事の変化など、今後起こり得るさまざまな変化を視野に入れた計画が必要となってきます。

特に家計が安定しておらず、安心して住居にあてられる資金がどれくらいあるのかということが不明確であることもあります。

今後のライフステージの変化や収入の変化を考えた十分な貯蓄が重要です。


家を購入するタイミングで一番多いと言われているのが、お子様が生まれたときです。
お子様が生まれることで、将来のライフステージの見通しが立ちやすくなり、保育園や小学校などの入園・入学・卒業などのライフイベントや必要となる費用などの目途が立ちます。
一度家を購入すると簡単に引越することができないパターンも出て参りますから、お子さんの将来の学校区や通学などを考えた立地条件を模索するのもよいでしょう。

保育園から考えると、18年は通園・通学が必要となり、第二子・第三子が生まれるとさらに通園・通学する期間が伸びます。

 

家を購入するタイミングで2番目に多いといわれているのが、お子さんが幼稚園や保育園に通うタイミングです。
通園・通学を意識した物件選びができる上、お子さんの人数もある程度決まってくることが多いので子供部屋についても考えやすくなります。
また、お子さんを幼稚園や保育園に預けている間に手続きしたり、内見会に参加することも可能となります。


お子さんが小学校へ入学するタイミングで家を購入するという方も、たくさんいらっしゃいます。
お子さんが小学校へ通学中に家を購入すると、学校区によっては転校が必要となってしまうことが考えられますから、多くの方が決断なされるタイミングといえます。

お子さんが小学生くらいになると、進学においての計画や希望がより明確になってきますし、ライフプランも非常に立てやすくなってきます。

毎月の住宅費のあてられる金額もはっきりしてきます。

収入と年齢によるタイミングとは?

一般的に、家の購入価格は年収の6倍程度におさめるのが良いといわれています。

つまり、年収500万円であれば、3000万円の住宅購入費が妥当という考え方ですから、ひとつの目安になります。

ただし、家を購入する時には通常住宅ローンと自己資金を組み合わせて購入されることがほとんどです。

自己資金は頭金として支払いますが、この頭金の金額が多ければ月々の負担が軽くなったり、ローンの返済期間が短くなったりするメリットがあります。

自己資金目安は、住宅の価格の2~3割ほどが妥当と言われていますが、単純に貯蓄のすべてをあてがったり、自己資金を貯めるまで購入を遅らせたりするのは得策とは言い切れません。

現在の収入と支出のバランスとライフステージから適切なライフプランを組み立て、無理の無い計画を立てることが大切です。

 

また、年齢におけるタイミングも考えなければなりません。

多くの場合住宅ローンを組むことになりますから、ローンの返済を考えると、一般サラリーマンの定年は65歳であることからそれまでには住宅ローンを返済し終わっておくのがよいでしょう。

それを前提とするならば、30歳くらいまでに住宅ローンを組めれば安心して生活できる計画であると考えられます。

頭金を多く払って、月々の返済金額や返済期間を短くするのが良いのか、頭金を少なくして長期間かけて返済するのが良いのか、現在の収入と支出のバランスとライフステージから適切な住宅ローン返済プランを立てることが必要となってきます。

 

しっかりとライフプランを立てることが全てのはじまりとも言えます。

まずは住宅におけるお客様のご希望とそれを叶えるためのプランを一緒に考えて参りましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。