中古住宅・一戸建てを購入してリフォームした際の優遇制度

お問い合わせはこちら

中古住宅・一戸建てを購入してリフォームする際に受けられる優遇制度があるってご存知でしょうか。

実は国や地方自治体などから各種優遇制度が利用できる場合がありますので、その適応条件や申請について知っておく必要があります。

せっかく優遇制度が利用できるのに、「手続きできずに利用できなかった」とならないように、私たちがサポートさせていただきます。

住宅ローン減税・控除

住宅ローン減税制度は、新築住宅を購入した場合にしか使えない制度だと思われがちですが、実は中古住宅を購入してリフォームした場合にも適用されます。

住宅ローン減税制度の対象となる増築、リフォーム工事は以下のものです。

  1. 増改築、建築基準法に規定する大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事
  2. マンションの専有部分の床、階段又は壁の過半について行う一定の修繕・模様替えの工事
  3. 家屋のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関又は廊下の一室の床又は壁の全部について行う修繕・模様替えの工事
  4. 耐震改修工事(現行耐震基準への適合)
  5. 一定のバリアフリー改修工事
  6. 一定の省エネ改修工事

住宅ローン減税制度は、最大で500万までの控除が受けられるものですから、対象となる場合は申請なさってみてください。

リフォーム減税(固定資産税など)

リフォーム減税は、指定されたリフォーム工事を行った場合に、所得税の控除や固定資産税の減額を受けることができます。

減税の対象となるリフォームは、「耐震」「バリアフリー」「省エネ」「三世代同居対応」「長期優良住宅化」の5つです。

減税額はリフォームの内容や使う制度により変わってきますので、ご注意ください。

住宅リフォーム助成制度

住宅リフォーム助成制度とは、地域経済対策や住環境の整備などを目的としたリフォームを行った際に、その経費の一部を自治体が助成してくれる制度のことです。

耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、環境対策、防災対策など様々な分類があり、各自治体により助成内容が異なります。

お客様のリフォームに対して、住宅リフォーム助成制度が利用できる場合は受けられる助成内容についてお話させていただきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。