中古住宅購入時の注意点と物件選びのポイント

お問い合わせはこちら

近年増えている中古住宅を購入し、リフォームして暮らすスタイルは、新築に比べてお手頃価格で自分好みの理想の住宅を手に入れることができるため、とても人気が高いです。

けれど、その大きなメリットがある反面、中古住宅ならではの不安や問題点が出てきてしまうのも事実です。

しっかりと状態を確認していなければ、購入したあとから多額の修理が必要となってしまう場合も出て参りますので、中古住宅を購入する際にはいくつかの注意点と物件選びのポイントは抑えておきましょう。

中古住宅購入時の注意点

中古住宅は新築に比べて物件数が多い反面、情報量が少ない場合が多いので、情報誌やインターネットを活用して複合的に情報収集を行います。

 

そして物件は必ず現地で確認すること。

 

希望する物件が現在のお住まいから遠方にある際、写真だけで判断される場合もありますが、できる限り現地で確認しておく必要があります。

 

物件の状態はもちろん、写真では分からない素材感や空気感やサイズ感などを確認しておかなければ「思っていたのと違う」と後悔してしまうということも出てきます。

 

また、住宅周辺の住環境をチェックしておくことも重要ポイントです。

 

例えば、ペットの鳴き声や道路や線路などの騒音、住宅周辺の治安状態の良し悪し、日当たり、風通し、住宅までの道路状況などなど、住宅の情報だけでは分からないことも現地を訪れることで気が付くということもあります。

中古住宅選びのポイント

多くの物件を見て相場観を養うことはとても重要なポイントです。

多くの物件を見て回りそれぞれの家の状態についての話を聞いていくと、価格の違いや建物の状態や気にするべき点などが体験的に身についてきます。

また自分にとって本当に必要なものなども整理されてきて、どんな物件が向いているのかということもより正確に分かってきます。

件数を重ねる度に物件選びの着眼点が洗練されたものになっていきます。

そうすることで、お客様にとって快適に暮らすことができる物件なのかどうかが本当の意味でわかってきます。

お客様の家族環境やライフスタイルによって、何が快適な暮らしなのかは変わってきますから、どのような設備や環境が必要なのかということを正しく把握しておくことが必要となってきます。

 

その上で、耐震性や構造の状態はどうなっているのかをチェックしましょう。

しかしながら、外側から分かることは限られており、また正しい判断をするためには専門知識と経験が不可欠です。

地震に弱い構造であったり、構造自体に問題があったりしてしまうと、そのままではお客様が安心して長く暮らし続けることが難しくなることもあります。

正しく建物の状態を把握するためには、私たちのような経験豊富な専門家が住宅診断を行う必要があります。

「中古住宅を購入後に思わぬ工事が必要となった」とならないように、購入を検討したい物件はしっかりとチェックしましょう。

 

最後に、リフォーム費用を抑えるためにも、間取りが理想に近いものかどうかがポイントになります。

特に水回りの位置を変更するような大掛かりなリフォームの場合、工事費が大きくかさんでしまうこともありますから、リフォームすることを視野に入れた物件選びをおすすめいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。