中古マンションのリフォームにかかる費用とは?

お問い合わせはこちら

中古マンションのリフォームにかかる費用は大きく3つです。
【1】物件の購入費用
【2】物件取得に関する諸費用
【3】リフォーム費用

物件の購入費用は、中古マンションの販売価格そのものです。

物件取得に関する諸費用とは、各種手数料・各種税金・各種保険料などのこと。

リフォーム費用とは、より快適に、より理想的なお住まいをつくるために必要な必要となります。

物件の購入費用

中古マンションそのものの価格のことです。

一般に、駅や市街地に近いほど価格は上がり、逆に遠ざかるほど価格は下がりやすい傾向があります。

築年数や建物の状況によっても価格は変わってきます。

また、マンションのあるエリアの需要が高まれば、マンションの価格も高くなってしまうことがあります。

現在の価格がどういう価格なのか、気になる場合はご相談時に気軽にお問い合わせくださいませ。

物件取得に関する諸費用

物件取得に関する諸費用とは、各種手数料・各種税金・各種保険などが含まれており、物件取得に関して必要となる費用のことです。

具体的には以下のものが挙げられます。

 

●印刷税
●仲介手数料
●登記手数料
●消費税(売主が不動産会社の場合と仲介手数料や登記費用)
●ローン保証料・事務手数料
●団体信用生命保険
●火災保険料
●土地・建物・抵当権の登録免許申請
●建物の固定資産税
●土地・建物の都市計画税

リフォーム費用

リフォーム費用とは、より快適でより理想的なお住まいをつくるために費用となってくる費用のことです。

建物やお客様のご希望によって、リフォーム工事の内容は全く異なりますが、一般的には下記の費用が含まれています。

 

●基本工事費・・・設備の解体や撤去・処分・新設など、工事のほとんどが含まれます。
●設備機器・・・資材や設備そのものにかかる費用です
●設計費・・・リフォーム工事の設計にかかわる費用です。
●諸費用・・・上記以外にかかわる経費のことで、現場の管理費や手続きなどの費用です。

リフォームローンを利用することも可能

中古マンション物件の購入と同時にリフォームを行う場合、リフォームローンを利用することができます。

大きなリフォームやリノベーションを行う場合、その工事費だけでも大きくなりますので、リフォームローンのご利用が一般的。

Reくらすでは、お客様のライフプランを一緒に考え、無理の無い適正なローンのご利用をおすすめしております。

せっかく理想的なお住まいを手に入れても、お住まいのために他を切り詰めたり、生活が圧迫されるというのは私たちが目指すものではありません。

お住まいは、お客様が幸せになるための手段ですから、中古マンションの購入からリフォーム、引渡しまではもちろん、その先の未来についても一緒に考えて参ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。