中古マンションをリフォームするメリット・デメリット

お問い合わせはこちら

中古マンションを購入するメリット・デメリット

中古マンションをリフォームして暮らすことのメリットを考える前に、中古マンションを購入するメリットを考えてみましょう。

 

● 新築物件に比べてお手頃な価格で購入できる場合は多く、購入後に大幅な価格下落が起きることは少ない

● 売主が個人という場合もあり、その場合は消費税が不要

● 適用条件を満たせば、住宅ローン控除や不動産取得税の軽減措置を受けることができる

● 現状の建物の外観・内観を確認することができ、間取りや日当たり生活動線などの生活のポイントをチェックできる

● 購入が安く済む分、リフォームやその後の生活にお金をかけられる

● 住人同士のコミュニティやセキュリティ感覚が出来上がっている場合が多い

● 希望するエリアや好みの立地条件から選びやすく、選択肢が広い

● 管理会社の状況や住民の状況が把握できる

● 口コミや実際に住まわれている方のお話などから、購入前の検討ができる

 

 

次にデメリットを考えてみます。

 

● マンション購入価格だけでなく、仲介手数料などの諸費用がかかる

● 新築住宅に対する固定資産税の軽減措置が受けられない

● 内装や間取りや設備などが古く、使用感がある

● 建築物そのものの築年数が古い場合や老朽化の懸念がある

● 販売されているお住まいが、ご希望の階数や間取りがあるとは限らない

● オートロックや有人監視などのセキュリティ設備がない場合がある

● すでに住民同士で出来上がっているコミュニティに溶け込み難い場合がある

 

上記が中古マンションを購入する際に念頭に置いて置かなければならないデメリットとなりますが、多くの場合『内装や間取り、古い設備や使用感』に関する部分についての心配が寄せられます。

これらはリフォームすることで解決することができますね。

せっかくマンションを購入するのですから、クリーンで理想的な空間をつくることをおすすめいたします。

中古マンションをリフォームするメリット・デメリット

メリット

中古マンションのリフォームについて、メリットとデメリットを考えてみます。

新築マンションに比べてお手頃に手に入れることができる中古マンション。

購入してそのまま住むのではなく、リフォームすることで受けられるメリットはたくさんあります。

 

◆低予算で理想のお住まいを実現
上記でお伝えさせていただきましたように、中古マンションは新築マンションよりもお手頃価格となっている場合が多いです。

そうやってマンションを安く手に入れることができたら、浮いた予算で新築同様の清潔感のあるキレイなお住まいにすることができます。

クールな大人な空間、明るいビタミンカラーのパワフルな空間・落ち着いた和風のデザインなどなど、思いのままにデザインすることができます。

新築マンションと比べて、はるかに安く、理想的な空間を作ることができます。

 

◆生活スタイルにあった間取りに変更できる
お客様の生活スタイルやご家族の状況等に合わせて、間取りを変更することも可能。

部屋数を少なくして、憧れの大きくて広いワンフロアを作るということもできます。

クローゼットやロフトや小上がりなどなど、欲しい設備を作ったり、オリジナルの理想的なお住まいがつくれます。

※建物の構造によっては実現できない場合もあるので、一緒にチェックしましょう。

 

◆資産価値が下がり難くなる

老朽化した素材を一新することで、見た目や機能面などの改善ができます。

それだけではなく、きちんとリフォームすることで資産価値が下がり難くなるんです。

内装下地や床下地、配管設備といった目に見えない部分も、リフォームすることで快適性がアップすることもあります。

建物もお手入れをしてあげることで、住みやすくなるばかりかその価値を高めることができます。

 

◆リフォームすることで補助金が受けられることも

リフォームの内容によっては補助金や減額制度を利用できる場合もあります。

例えば、介護保険を利用したバリアフリーリフォームでは、20万円までのリフォーム費用の内9割の補助金が支給されますし、太陽光発電や省エネリフォームについても補助金が出るケースがあります。

補助制度の内容は自治体によっても異なりますし、お客様のリフォームが対象となるかどうかの判断はご自身では難しい場合がほとんど。

補助金が受けられるケースや補助の内容について、お客様の工事が対象となるのかどうか、申請する場合はどうしたらよいのかなど、当社でご相談の際にお尋ねくださいませ。

デメリット

中古マンションをリフォームするデメリットは、以下のものが考えられます。


● 住むまでに時間が掛かってしまう場合がある
● 建物の構造によってはリフォーム・リノベーションができない場合がある
● 物件に瑕疵があった場合、補修費がかさんでしまう場合がある

 

壁紙を張り替えたり、設備を新しくしたりする程度では問題になることはないと思いますが、壁を取り払ったり、水回りの構造を大きくつつく場合など、工事にかかる日数が長くなってしまうこともあります。

また、マンションの構造によっては、壁や柱を取り除くことができなかったり、マンションの規約によりリフォームすることができない工事などもあります。

こうしたデメリットに頭を抱えてしまうことがないように、事前打ち合わせがとても重要であることと物件選びが大切であることが分かります。

中古マンションのリフォームでは、一見しただけでは分からないことも多々出て参りますので、気になることが出て参りましたら経験豊富な当社の専門スタッフにご相談くださいませ。

もっともよい解決方法を一緒に考えましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。