お問い合わせはこちら

ブログ

断熱材について

皆さんこんにちは!!

リフォーム・増改築専門店
Reくらす(りくらす)の馬屋原です(^^)/ 

 

今日は断熱材についてお話します。

 

断熱とは熱が伝導や対流、放射による伝わるのを防ぐことをいい
断熱材とは熱を伝えないように作られた材料のことをいいます。

家づくりに欠かせない断熱材には次のような役割があります。

・外からの暑さ
・寒さを遮る

・室内を一定温度に保つ

 

断熱材は夏は涼しく、冬は暖かい快適な家づくりを可能にします。
最も広く利用されている断熱材は、対流を起こさないように
気体の小泡を多量に持つもので、一般的に
熱伝導率が0.1W/(m・k)より小さいものを利用しています。
身近なものでは、クーラーボックスや羽毛布団、
建物の床や壁、スペースシャトルやロケットの外壁などにも使われています。


木造住宅の場合、断熱材を最上階の天井裏や外壁内部、床下に設置することが一般的ですが
最近では、より高い断熱性能を求め屋根の裏側や構造体の屋外側、基礎の内・外のいずれかにも設置することが増えています。
現代の生活には、断熱材は無くてはならない存在です。

 

 

断熱材には大きく分けて下記の3つに分類されます。

【繊維系断熱材】
ガラスを繊維状にしたもので、繊維の隙間に空気を閉じ込めた断熱材です。

 

【発泡プラスチック系断熱材】
プラスチックを発泡させ、細かい気泡の中に空気を閉じ込めた断熱材です。
高性能品の中には断熱性の高いガスを閉じ込めたものもあります。

 

【天然素材系断熱材】
無添加で自然素材を利用している断熱材です。
メリットは環境に優しいですが、デメリットは高価になります。

 

 

さらに細かく分類すると「繊維系」には「無機系」「木質繊維系」があります。
無機系の代表的なものとして「グラスウール」や「ロックウール」があります。
木質繊維系の代表なものとして「セルロースファイバー」があります。
特徴としは下記の通りです。

 

「グラスウール」
最もスタンダードで最安値な断熱材です。
メリットして素材がガラス繊維なのでシロアリなどの害虫被害や火災に強く、防音効果もあります。
グラスウール板は国に不燃材料として認められていて、日本だけでなく北欧や北米でもよく使われています。
形状はボードやマット状、バラした綿のようにした状態などがあります。

 

「ロックウール」
鉄炉スラグや玄武岩などを高温加工してつくる石綿の一種です。
優れた収音性能があるので空港などでも利用されています。
グラスウール同様不燃材料と認められている素材です。
形状はボードやマット状、バラした綿のようにした状態などがあります。

「繊維系」と対照的なものとして「発泡プラスチック系」に分類されます。

発泡プラスチック系には更に「押出発泡ポリスチレンフォーム」「硬質ウレタンフォーム」
「フェノールフォーム」
などに分けられます。

 

 

「押出発泡ポリスチレンフォーム」

ポリスチレンを連続して発泡させる製造方法で作られた断熱材です。
メリットとして水や湿気に強いのが特徴の他にシックハウスの原因となる
ホルムアルデヒドを含んでいないため安全性にも優れています。
吸水・吸湿性が小さく外張り断熱工法や家の基礎部分の断熱に使用されます。

 

「硬質ウレタンフォーム」
ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えて成形されます。
外張り断熱では定番の断熱材です。ボード状を使用するほか、現場で吹き付ける施行方法でよく使用されます。
メリットとして軽量で水や湿気に強く、ホルムアルデヒドを含んでいないため安全性にも優れています。

 

「フェノールフォーム」

フェノール樹脂に発泡剤、硬化剤などを加えてボード状に形成した断熱材です。
耐火性や耐熱性に優れ、炎をあてても有毒ガスがほとんど出ないため、不燃・準不燃材料の認定を受けています。
フェノール樹脂に発泡剤や硬化剤を加えて成形。長期的に安定して断熱性能を保つという特徴がある。石油系の中では防火性に優れ、炎を当てても煙や有害ガスをほとんど発生しない。形状はボード状のほか、金属板や石膏ボードなどとの複合パネルもある

 

 

 

「天然素材系断熱材」としては「ウール」「セルロースファイバー」があります。

 

「ウール」
原料は羊毛です。
形状はマット状かバラした綿のようにした状態があり自然系の中では安価です。

 

「セルロースファイバー」
古紙を再利用した繊維で調湿性に優れていて結露対策に活用できる断熱材です。
防火性能や害虫予防にも効果的があるため、オールマイティーな断熱材として利用されています。
またグラスウールよりも吸音性能が高く自然系の素材の中では一番歴史があり普及しています。

 

 

 

 

 

『火に弱い断熱材と火に強い断熱材』

断熱材が可燃性であるか不燃性であるかによって、火災時の安全性は大きく変わってきます。
燃えにくい素材を選択することがより大切なのです。
例えばポリウレタンは、軽い・断熱性が高い・様々な形状で加工できるといった特徴から
建材として幅広く使用されていますが、燃えやすいという弱点があります。

 

一方で、無機繊維系断熱材のグラスウールやロックウールは、
ガラスを主原料としているため燃えにくい特性があります。

猛烈な発煙や有毒なシアン系ガスも発生しないため、避難時の安全確保にも有効な材料です。

自宅ではなくても隣家で火災が発生すると、出火から30分程度で外壁は800℃を超える高温にさらされることになります。
そういった万が一の場合にも、不燃の断熱材を選ぶことが大きな安心につながります。

 

 

皆さんも、あらためて断熱材について考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、 <リフォーム・増改築専門店>

Reくらす ―りくらす―

〒721-0942 福山市引野町1001-8

TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

馬屋原 章裕

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

資料請求・家づくりの
ご相談はこちら!

Reくらすへのお問い合わせ・ご相談・
資料請求は電話または
フォームより承ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。