お問い合わせはこちら

ブログ

屋根の瓦について②

皆さんこんにちは!!

リフォーム・増改築専門店
Reくらす(りくらす)の 伝統再築士 馬屋原です(^^)/

 

以前お伝えした屋根に使用される瓦ですが

今日は瓦の使用部位による分類についてお話します(^^)

瓦には屋根の各部位に応じた役物があり様々な種類があります。

 

①平葺き

屋根平面に用いる最も重要な瓦で、桟瓦と本葺瓦があります。

本葺瓦は平瓦と丸瓦を使用する日本古来の瓦です。

平瓦には切落しや引掛けつめ付き等があり、丸瓦には素丸瓦があります。

本葺瓦↓

 

②軒葺き

軒先の水切りがよいように水垂れ付きの瓦を使用します。

それぞれの軒瓦の隅瓦があり、それぞれ右、左があるのが特徴です。

 

③妻葺き(ケラバ瓦)

袖瓦は軒先同様、水切りの瓦です。

左右があり、袖のたれに大小があるのが特徴です。

④棟葺き

冠瓦 屋根の最上部(棟)の雨仕舞をする瓦で、裳瓦(ふすまかわら)伏間瓦等とも称されます。

桟鴛瓦(桟の型が丸と角がある)、棟丸瓦(紐丸瓦と素丸の棟丸瓦がある)、箱冠瓦(型、寸法とも多種類がある)

などの種類があります。

 

⑤のし瓦 

冠瓦の下の雨仕舞をすると共に各棟を飾る瓦です。

大きさ(長さ)、厚み等に多くの種類があります。

 

⑥鬼 瓦

棟端を飾る瓦で、鬼面とも呼ばれています。

跨鬼(陸棟(大棟)に跨いで載る鬼瓦で、巴立と丸立鬼瓦がある)

切据鬼(各降り棟の降り鬼、隅棟の隅鬼、寄せ棟の陸棟に使用)があります。

瓦の大量生産の産地としては、愛知県の三河地方の「三州瓦」島根県の「石州瓦」兵庫県淡路島の「淡路瓦」

三代産地と呼び、西日本ではこの他に京都、泉州、奈良、岐阜、四国等が、東日本では静岡、新潟、埼玉、福島等が

ありそれぞれの特徴を持つ瓦を生産しています。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、 <リフォーム・増改築専門店>

Reくらす ―りくらす―

〒721-0942 福山市引野町1001-8

TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

馬屋原 章裕

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

資料請求・家づくりの
ご相談はこちら!

Reくらすへのお問い合わせ・ご相談・
資料請求は電話または
フォームより承ります。

 
logo

Reくらす株式会社
広島県福山市引野町1001-8
TEL:0120-371-963

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。