リフォームを福山市、府中市でするならReくらす(りくらす)にお任せください!


リフォーム専門店のReくらすは元気いっぱいの住まいづくりをご提案します!

お客様専用ダイヤル お気軽に!

0120-371-963 

受付時間:9時~18時 定休日:日曜日・祝日

畳のお手入れについて

 |  | 

みなさま、こんにちは。

福山市のリフォーム・増改築専門店 Reくらす(リクラス)の高橋です。

さてさて、年末が近づいてきて 年末の大掃除を徐々にしていらっしゃることかと思います。

そこで今日は畳のお手入れについてご紹介します(^^♪

 

■畳のお手入れについて

ちょっとした畳への配慮や日頃のお手入れを心がけることで、畳はいつも美しく快適になります。
美しさと魅力をいつまでも保つための正しい取り扱い方法をご紹介します。

 

■畳のイ草の調湿機能

 

い草の表面は空き缶表面にストローを貼り付けたようなデコボコした形状をしています。そして中心はスポンジ状になっていて、

吸水性や調湿性を担うのに役だっています。

■日常のお手入れについて

 

  • 日常のお手入れは乾いた雑巾で乾拭きしてください。
    月に1回程度、かたくしぼったぬれ雑巾で表面を畳の目に沿って軽く拭いてください。
  • ドライタイプのお掃除シート、掃除機は織り目に沿っておかけください。
    掃除機のブラシ回転機能はオフにしておいてください。

    それから、過度な湿気を含ませないために、お天気の良い日には窓を開けて風通しを良くしてください。

 

■汚れの種類ごとの対応

 

●油汚れには

夏場のごろ寝や日常のはだしでの生活では皮脂汚れが付き、調理の油煙が届く範囲にあればべたつくことがあります。

こうした油汚れは1%ぐらいに薄めた住宅家具用洗剤(弱アルカリ性)につけて固絞りにしたぞうきんで、

畳の線維に沿って1往復して拭くといいでしょう。その前に乾拭きして余計な汚れを取っておきます。

一往復した後はふき取った汚れがうつらないようにタオルを折り返し、綺麗な面で拭き進めていきます。

 

●クレヨンやチョコレート

クレヨンやチョコレートなどの油性の汚れには、水と重曹、もしくは住宅用洗剤を含ませた歯ブラシでかきだして、

布でトントンと叩いてふき取ります。仕上げにお湯拭きをして最後に乾拭きします。あまり強くかきだすと

畳の目の奥に入り込んでしまうので注意が必要です。

 

●ひどい汚れ

薄めたお酢もしくは薄めた中性洗剤をしみ込ませたぞうきんを固く絞って拭く。縁はブラシに洗剤をつけて叩き、

拭き取る。仕上げに水拭き、から拭きする。ちなみにお酢には漂白作用があります。

 

●飲み物をこぼしたら

水気を嫌う畳の上にジュースやコーヒー、酒やしょう油などの飲み物をこぼしたときは、

まずはすばやくタオルかティッシュで吸い取ります。次に上から塩をふりかけ、

塩が湿ってきたら使用済みの歯ブラシで畳の目に沿ってこすり、最後に掃除機をかけて、

水拭き、から拭きをして完了です。畳がひどく濡れてしまった場合は後述しますが、畳を上げて乾かすといいですよ。

 

 

●タバコの灰をこぼしたら

タバコの灰や白い粉などをこぼしてたたみの目に詰まってしまった時は、

詰まった部分に塩をふりかけて上からトントンと叩きます。こうすると灰が塩にくっついて浮き出てきます。

最後に掃除機で吸い取って完了です。

 

●凹みについて

  • 3分間くらい蒸しタオルを当ててください。
    蒸気で凹みを小さくすることができます。
  • 長時間押し当てると変色する場合がありますのでご注意ください。
  • ※注意:ここち和座(DAIKEN製)の場合は剥離の原因になりますので、
  • スチームアイロンやスチームクリーナーは使用しないでください。

 

どうですか?意外に知らない畳のお手入れ、ぜひ

年末にチャレンジしてみてください!(^^)!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、 <リフォーム・増改築専門店>

Reくらす ―りくらす―

〒721-0942 福山市引野町1001-8

TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

高橋 瑠美

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■