リフォームを福山市、府中市、尾道市、神石高原町、井原市でするならReくらす(りくらす)にお任せください!


リフォーム専門店のReくらすは元気いっぱいの住まいづくりをご提案します!

お客様専用ダイヤル お気軽に!

0120-371-963 

受付時間:9時~18時 定休日:日曜日・祝日

冬でも外壁塗装できる??? ~外壁塗装知識編~

 |  | 

皆様こんにちは♪

 

福山市 リフォーム 増改築 専門店
Reくらす佐藤です(^○^)

新築で家を建てたものの、時が経つにつれて悩みの種になるのが外壁の痛みです。

「色が剥げた」「ひび割れが増えた」など、目につくと気になって仕方ないですよね。そんな時に有効なのが、

外壁塗装です。しかし、「外壁塗装をしたいけれど気候的に大丈夫なのだろうか……」と不安に思う人もいるでしょう。

ここでは、冬に外壁塗装を行う際の注意点をまとめました。

冬に外壁塗装はできるの?

「そもそも、冬に外壁塗装をしてもいいの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、オールシーズン、外壁塗装を行うことは可能です。

寒さが厳しく積雪が気になる冬はもちろん、雨足が強まる梅雨の時季でも注意点を守りさえすればできます。

まずは、外壁塗装にベターな時季と条件について説明します。

【外壁塗装に適した条件】
一般的に塗装工事に適した気候条件は以下のように言われています。

・気温15〜30℃
・湿度75%以下

この条件の中であれば、塗料の硬化・乾燥がスムーズに進むと考えられています。

また、作業中は汚れを防ぐために窓やエアコンの室外機も養生しなくてはならないので、

家の中も密閉状態になります。そのため、窓を閉め切っていても過ごしやすく、

エアコンでの温度調節をしなくても問題ない季節を選ぶのが好ましいと言えます。

【外壁塗装に適さない条件】
逆に、どうしても外壁塗装をできない条件もあります。

・気温5℃以下
・湿度85%以上
・雨や雪などが降っている
・外壁に霜が降りている、結露が発生している

このような状況ですと、塗料を塗っても乾かない、

塗料そのものが雨や雪で落ちてしまうなどのトラブルが起こりやすく、

塗装することが難しくなります。はじめに、「オールシーズン、外壁塗装をすることはできる」と説明しましたが、

冬場に外壁塗装を行うには、上記の条件をクリアにする必要があります。

冬の外壁塗装が大変な理由

冬場の外壁塗装の状況について、もう少し詳しく説明します。

【気温について】
水性塗料の場合、気温5℃未満になると乾きづらくなり、さらに凍結してしまう可能性も出てきます。

そのため、せっかく塗料を塗ってもきれいに形成されずに密着不良を起こし、剥がれる原因になることがあるので、

気温5℃以下の日は外壁塗装を避けた方が良いと考えられます。

【湿度について】
湿度が85%以上になると、湿気の影響で塗料に雨水や結露などの不純物が混ざる可能性が高くなります。

加えて、寒くなると霜が発生することも……。余計なものが混じってしまうと、変色や塗膜の形成不良を起こす原因となってしまいます。

高湿を避けた方が良いと言われるのは、このような理由があるためです。

【日照時間について】
冬は日が短く、他の季節に比べると塗装作業に携わることのできる時間が限られてしまいます。

1日の作業時間が短くなる分、外壁塗装にかかる日数も長くなり、寒いのにエアコンが使えない、

窓を開けて空気を入れ替えることができないなど、不便な生活を過ごす期間が長くなることも考えられます。

これらの条件に加え、冬場は寒いので手がかじかんでしまい、作業効率が下がってしまうこともあるでしょう。

空気が冷たい中、屋外で作業するのは厳しいものがあり、体調を崩すことにもなりかねません。

冬に外壁塗装をやる上で注意すべきこと

デメリットばかりが目立つように感じられるかもしれませんが、最初にお伝えした通り、

注意点さえ守れば冬でも外壁塗装をすることは十分できます。また、塗装の品質を落とすこともありません

。ここでは、冬に外壁塗装を行う際の注意点についてまとめました。

【乾燥時間について】
冬に外壁塗装を行う際の重要なポイントは「乾燥時間」です。気温が低く日照時間も少ない冬場は、

他の季節に比べると、どうしても塗膜の乾燥に時間がかかってしまいます。しかし、夏場に比べて湿度が低いので、

気温さえ気をつければ乾きやすいというメリットもあります。

また、乾燥中に気温が5℃以下になってしまうと、凍結の心配も出てきます。そのため、

事前に作業日の日没の時間を確認しておき、逆算して作業時間を決めると良いでしょう。

【塗装する面の事前確認】
天気が良く、一見、作業に問題がなさそうでも、冬場は夜露などで外壁が濡れてしまっていることもあります。

その場合、壁面を乾燥させてから塗料を塗らないと、余計な水分が混ざって形成不良を起こしてしまう可能性があります。

また、屋根などで作業する場合、足場が濡れていたり、凍っていたりしたら、事故の原因にもなりかねません。

安全性を高めるためにも、この時期は事前に壁面の状態を確認し、作業が可能かどうかを判断することをおすすめします。

積雪の多い地方だと厳しいかもしれませんが、そうでなければ、上記のポイントを意識することで冬場の外壁塗装が可能になります。

今では油性の塗料もあるので、凍結のリスクを減らすこともできると考えられます。

 

まとめ

作業に制限はあるものの、ポイントさえ押さえれば冬でも外壁塗装ができます。

季節を問わずに塗装したいタイミングで施工してもらえるのはありがたいですよね。

これから年末に向けて外壁をメンテナンスしておけば、きれいなお家で気持ちよく年越しを迎えられるかもしれません。

季節を問わず、外壁の痛みが気になったその時は、外壁塗装を行ってみてくださいね。

 

今週の佐藤でした。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、

 

<リフォーム・増改築専門店>
Reくらす ―りくらす―
〒721-0942 福山市引野町1001-8
TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

佐藤 大介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■