リフォームを福山市、府中市、尾道市、神石高原町、井原市でするならReくらす(りくらす)にお任せください!


リフォーム専門店のReくらすは元気いっぱいの住まいづくりをご提案します!

お客様専用ダイヤル お気軽に!

0120-371-963 

受付時間:9時~18時 定休日:日曜日・祝日

窓の結露対策で快適生活へ

 |  | 

こんにちは。

福山市 の リフォーム・増改築専門店 Reくらす(りくらす)の高橋です(^^♪

だんだんと冬らしくなってきた今日この頃ですが、

それとともに暖房器具を使い始めると窓の結露が発生しやすい季節となりましたね。

結露が発生したら吹き掃除に追われ、それだけでも一仕事ですよね。

でも、結露は減らせるんです。

快適な暮らしのためのの結露対策について今日は記載します。

 

■そもそも結露とは??

「結露」とは、暖かく湿った空気が冷やされ、空気中の水蒸気が水滴になってしまうことです。

よく冷たい水を注ぐとコップの外側が曇って水滴が付きますが、これも結露の一例です。 同じように、

外の気温が低いのに、暖房によって室内だけが暖かく湿度が高いと、冷たい外気に影響されやすい壁や

窓の内側に水滴がびっしり付いてしまいます。

 

特に結露しやすいのが窓

空気中には、水分が“水蒸気”の形で必ず含まれています。この水蒸気、暖かい時は気体ですが、

冷えると液体の水に変わる性質があります。たとえば、外気で冷やされた窓の表面に触れると、

水蒸気が水に変わります。これが結露です。窓が結露しやすいのは、

家の中でも特に冷たくなりやすい箇所だからなのです。

■注意■

結露をそのままにしておくと、シミやカビ・ダニの発生の原因にもなってしまいます。

■人体にも影響が

ダニやカビは湿度70%ぐらい(※1)から盛んに繁殖します。つまり、室内に結露を発生させないように

適度な湿度の条件をつくることが、ダニやカビの発生を抑えることにつながるります。

ダニやカビは、ぜんそくやアトピーなどによって健康を脅かす原因にもなりかねません。

普段の生活の中で十分に気をつけたいものです。
※1「ASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)1985年報告より」

 

■住まいの寿命も縮めてしまう!?

結露が進むと、住まいに使われている建築材料が腐ってしまうことも。

悪影響が大きくならないうちに、しっかりと対策を講じておきましょう。

■自分たちでできる結露対策とは
 ・・・換気が一番のポイントです!!
①カーテン・ブラインド・和障子などを長時間閉めておかないこと
②お風呂場や炊事場、食事時はよく換気をしましょう
③洗濯物はできるだけ室内に干さない
④換気扇があるなら有効活用をしましょう
⑤植物を置いている部屋は特にこまめに換気をしましょう
■ポイント■
「冷えにくい窓にすること」がポイント
ガラスや窓を2枚重ねにして空気の層をはさんだり、冷えが伝わりにくいプラスチック素材の
窓に替えるなど、窓の断熱化によって結露を抑えることが出来ます。
■結露しにくい窓とは・・・
二重構造になったグラスは、普通のグラスに比べて結露が抑えられます。窓も同じ。ガラスを二重にした複層ガラスの窓にしたり、
内窓を取りつけて二重窓にすることで、熱を伝えにくい空気層が生まれ、外が寒くても、室内側では結露が発生しにくくなります。
またアルミサッシではなく熱を伝えにくい樹脂フレームなら、さらに結露の発生を減らせます。
特に簡単に窓に対策をしたいときは内窓のプラマードUなどお勧めです♪
↓参考サイト(YKKより)
https://www.ykkap.co.jp/products/reform/madoremo/plamadou/
窓の断熱改修を行うことで 住まいにも、住む人にも快適な暮らしを
もたらすこともありますので ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

※参考出典 YKK ap 結露に効く断熱窓より

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、 <リフォーム・増改築専門店>

Reくらす ―りくらす―

〒721-0942 福山市引野町1001-8

TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

高橋 瑠美

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■