リフォームを福山市、府中市、尾道市、神石高原町、井原市でするならReくらす(りくらす)にお任せください!


リフォーム専門店のReくらすは元気いっぱいの住まいづくりをご提案します!

お客様専用ダイヤル お気軽に!

0120-371-963 

受付時間:9時~18時 定休日:日曜日・祝日

漆喰塗りのついて

 |  | 

皆さんこんにちは!!

リフォーム・増改築専門店
Reくらす(りくらす)の 伝統再築士 馬屋原です(^^)/

 

今日は、初心者でもDIYで活用させている漆喰についてお話します。

 


「漆喰(しっくい)」は、消石灰貝灰麻苆(あさすさ)、糊を入れて水で塗り混ぜたものです。
主材となる消石灰は比重や粒子の細かさによって品質が分類され、上塗り用・下塗り用の別があります。
非常になじみの深い材料で、昭和初期から中期頃までは、一般的に使用された左官材です。
硬化に長時間を要することから最近は敬遠され、乾燥時間の短い石膏プラスターが似た風合いに
仕上がることから多用されています。

漆喰には、普通漆喰のほか、黄土やベンガラなどの顔料で着色した「色漆喰」、砂を混ぜた「砂漆喰」
などがあります。最近は自然素材として見直されてきており、施工性を改良し、石膏ボードなどに薄塗り
仕上げできる製品も流通し始めている。

 

 

原料としては

【消石灰】
消石灰とは全国各地で産出・採掘される石灰石を粉砕・焼成・加水(消化)等の工程を江戸時代から伝わる
土中窯を利用し「塩焼き」と呼ばれる技法などで生成されます。
「塩焼き」とはコブシ大に砕いた石灰岩を
800~900℃で焼く際に岩塩を加えることで、
鉱石に含まれる不純分を取り除き、漆喰に適した、結晶の大きな
生石灰を焼き出すことができます。
生石灰に更に水を加え、発熱させ消化反応という化学変化により最終的に
消石灰が生成されます。
そうして作られた消石灰は工業・農業用、漆喰の原料として使用されます。

 

【貝灰】
貝灰(かいばい)はハマグリ・ホッキガイ・カキなどの貝殻を蒸し焼きにして作られる灰です。
貝灰に対し消石灰を石灰(いしばい)と言います。

 

【苆】
苆(すさ)は土や石灰に混ぜることで、つなぎとしての役割の他、収縮や膨張に対する補強材として機能する。
苆は、古畳の床を藁苆(わらすさ)に加工したり、紐や綱、魚網や蚊帳などをほぐしたりなど、リサイクル素材
として使われてきた歴史も持つ。
海外では山羊や羊の毛を使った事例もあるが、耐アルカリ性や強度に乏しいとされる。

 

【角叉(つのまた)】
角叉などの海藻は漆喰に粘りを与える接着剤の役割があります。
角叉は岩手や宮城を中心とした三陸ものが上物とされるが、流通は極端に少ないです。
取引上の分類は大変細かく、
特に産地(湾)と時期の違いで値が大きく変わるようです。
角叉は関東を中心に使われ、関西では布海苔と銀杏草が使われれいます。

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、 <リフォーム・増改築専門店>

Reくらす ―りくらす―

〒721-0942 福山市引野町1001-8

TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

馬屋原 章裕

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■