リフォームを福山市、府中市、尾道市、神石高原町、井原市でするならReくらす(りくらす)にお任せください!


リフォーム専門店のReくらすは元気いっぱいの住まいづくりをご提案します!

お客様専用ダイヤル お気軽に!

0120-371-963 

受付時間:9時~18時 定休日:日曜日・祝日

【お役立ち情報】六曜について

 |  | 

こんにちは。

福山市のリフォーム・増改築専門店 Reくらすの高橋です。

さて、表題の件ですが

よくお客様から「その日は建築吉日ですか?」とか「着工は大安の日がいいんですが・・・」と

言われることがあります。

新築・増改築、結婚式、葬儀を行うときに大安、仏滅、友引等の六曜を気にする人は非常に多いです。

そこで今回は、六曜にまつわる基本知識等をまとめました。(*’ω’*)

 

◆六曜の意味と由来

六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があり、現在では冠婚葬祭等の儀式を行う日取りを決める際に吉凶判断として活用されています。
ですが、元々は室町時代に中国から伝わった占いが元で、当時は現在のように曜日(七曜)がなかったため、その代わりとして旧暦の
1ヶ月30日を5つに分けて日を区別するために六曜を曜日として使っていましたが、実は江戸時代まで注目されていませんでした。
ところが明治時代に入り旧暦から新暦へ移行した段階で「吉凶付きの暦は迷信」として政府が禁止したことにより、
逆に注目されるようになり、第二次世界大戦以降、広く普及されるようになりました。

六曜の種類

 

 

六曜の中に「仏滅」があり、「仏」の字が入っているため仏教と関係あると想像する人が多いのですが、実は無関係なのです。

そもそも、お釈迦さまは占いを禁止していたそうですし、現在の仏教でも浄土真宗では吉凶を選んで行うことを否定的に考えているそうです。
また、神道にも関係ありません。

 

六曜は元々曜日の代わりに使っていたものであり、宗教とは無縁なので冠婚葬祭を六曜にこだわる必要性は特にないそうです。
ただ、気にする年長者が多いことから、一般常識程度に次のことだけ理解しておきましょう。

先勝→午前中〇、午後×
友引→昼前後×、それ以外〇
先負→午前×、午後〇
仏滅→一日中×
大安→一日中〇
赤口→昼前後〇、それ以外×

六曜は家を建てる際にも関係してくる、昔からの文化のようなものだと思って良いでしょう。

ですから、必ずしも「こうしなければならない」という取り決めではありません。

あくまでも「ゲンかつぎ」であり、各人が満足する家づくりができれば、それで良いのです

 

 

六曜の種類

 

六曜は、先勝 → 友引 → 先負 → 仏滅 → 大安 → 赤口 の順番で繰り返しています。

わたし達が普段使っている月曜、火曜・・・などの曜日と同じですね。

曜日との違いは、それぞれに意味があるという事でしょうか。

先勝 (さきがち)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。

午前中は○、午後2時から夕方6時までは×と言われます。

この日の地鎮祭は午前中に行うのが良いですね。

 

友引 (ともびき、ゆういん)

「凶事に友を引く」の意味。ただし昔は「共引」と言われていたらしく、「勝負事で

何事も引分けになる日」という意味だったそうです。

午前中は○、昼間は×、夕方は◎の日です。

「幸せのおすそ分け」という意味で、この日に上棟や地鎮祭をするのも良いですね。

 

先負 (さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」の意味。

勝負事を避けて、静かに過ごしましょう、という日です。

午前中は×、午後は○と言われますので、上棟式などは午後に行われるため大丈夫です。

 

仏滅 (ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」の意味。

この日は最も日が悪いとされ、結婚式などを挙げる人も少ない様子。

ただし「物滅」と書いて、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」という解釈もあるようで、「大安」よりも物事を始めるには良い日と言われることもあります。

 

大安 (たいあん)

「大いに安し」の意味。

最も良い日で、何事においても吉、成功しないことはない日と言われています。

結婚式は大安の日に行われることが多いですよね。

やはり建築関係でも、ご契約、地鎮祭、上棟式、お引渡しが多くなります。

 

赤口 (しゃっこう)

午前11時から午後1時までは大丈夫ですが、それ以外はあまり良くない日と言われています。

この日に上棟などを行うことは、珍しいかもしれません。

 

 

 

建築日の種類

六曜の他に、あまり見かける事のない十二直(じゅうにちょく)という暦で見るのが

「建築吉日」です。

建築吉日は、おもに新築工事や増改築工事を始める際に吉日とされる日で
それぞれ下のように言われています。

 

たつ・・・移転、柱立て、棟上げ、新規事の開始など、すべて大吉。

みつ・・・建築、移転、開店、祝いごと、すべて吉。

たいら・・・地固め、柱立て、祝いごと、すべて円満。

さだん・・・建築、移転、開店、新規事の開始など、すべて吉。

なる・・・新規事の開始は、吉。

ひらく・・・建築、移転、すべて吉。

建築関係の節目(地鎮祭、上棟など)に絶対に選ばない方が良いのが三隣亡(さんりんぼう)と言われる日です。

いわれは様々ですが、この日に上棟などを行うと「火事などで隣3軒まで滅ぼす」とも

言われ、建築業界では現在でもこの謂われに従うことが多いです。

 

やはり、お家を建てたり リフォームしたりという日は 建築吉日にしたい!というお気持ちはわかります。

もしもそう思われているのであれば建築吉日カレンダーと睨めっこしますので

是非ご相談くださいね!

 

高橋

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、 <リフォーム・増改築専門店>

Reくらす ―りくらす―

〒721-0942 福山市引野町1001-8

TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

高橋 瑠美

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■