リフォームを福山市、府中市、尾道市、神石高原町、井原市でするならReくらす(りくらす)にお任せください!


リフォーム専門店のReくらすは元気いっぱいの住まいづくりをご提案します!

お客様専用ダイヤル お気軽に!

0120-371-963 

受付時間:9時~18時 定休日:日曜日・祝日

【お役立ち情報】 ~台風の前に事前点検~

 |  | 

皆様こんにちは

福山市 リフォーム 増改築 専門店
Reくらす佐藤です(^○^)

 

先日の台風18号ものすごい風と雨でしたが皆様のお宅は大丈夫でしたでしょうか?

台風が来ると、家の修繕や補修の依頼が急増し、リフォーム業者は大忙しになります。

台風後に依頼が多いのは、急な雨漏り、屋根板金が飛んだ、窓ガラスが割れた、雨どいが外れたなどがあります。

中には、自分の家の屋根瓦が飛び、ご近所の窓を割るなど、思いもかけない被害を及ぼしてしまいうことも。

今後の台風に備え、いちど我が家の安全点検をしておきましょう。

今回は、被害を受けやすい窓、屋根、外壁に絞って点検のポイントをご紹介します。

特に築15年を過ぎている家はしっかりチェックしておきましょう。

-----------------------------------------------

ポイント①

台風前の安全点検の①つめは、屋根まわりと雨どいです。多いのが屋根にかぶせてある板金がめくれた、

外れて落ちた、強風で飛んでしまったという被害です。中にある木の芯材が腐食していると釘が抜けやすくなり、

風であおられるとすぐに外れてしまいます。板金は薄く平たいので、風に乗ると飛ぶことがあり、硬く鋭利なため大変危険です。

しっかり確認しておきましょう。

屋根板金、台風で飛ぶことも

【台風前の点検-屋根、雨どい】

  • 屋根瓦にズレや割れ、欠けが無いか確認する
  • 屋根に詰められた漆喰が崩れていないか確認する
  • 板金がシッカリ止まっているか、腐食は無いか確認する
  • 雨どいの外れや歪みが無いか、つまりがないか確認する
  • 10年以上点検をしていない場合は、早めに点検をする
  • 高所の点検は必ず専門業者に依頼する など

ここ10年ほど屋根の点検をしていない家は、早めにリフォーム業者に点検を依頼しましょう。屋根瓦のズレやヒビなど、

劣化が進んでいると雨漏りの原因になったり、瓦が飛ぶこともあります。台風前に補修を済ませておきましょう。

-----------------------------------------------------------

ポイント②

台風前の安全点検の②つめは、窓まわりの確認です。台風の強風には大きなパワーがあり、

巻き上げるように吹くこともあるので、意外なものまで飛ぶことがあります。

植木鉢、スダレ、洗濯物干しセットなどいったん飛ばされてしまえば、ご近所にも被害を及ぼすかもしれません。

 

まずは窓まわりで飛ばされそうなものが無いか確認し、次に飛来物から窓ガラスを守るようにしておきましょう。

スダレや緑のカーテンは台風前に片付けを

スダレや緑のカーテンは台風前には外し、雨戸のガタツキも確認しておこう。

【台風前の点検-窓まわり】

  • 雨戸や網戸にがたつきが無いか確認する
  • スダレやよしずは取り外す
  • オーニングや外付けブラインドの留めを確認、たたんでおく
  • 緑のカーテンはシーズンが終わったら早めに取り払う
  • 植木鉢は家の中や物置に片付ける など

雨戸のガタツキはある程度は調整できますが、レールの傷みが進んでいる場合は、リフォーム業者に早めに修理の依頼をしておきましょう。

大きな台風が来ると、雨戸も飛ぶことがありますので注意が必要です。

忘れがちなのが、面格子と窓のスキマにひっかけた鉢植えや、ゆるんだ網戸です。見逃しているモノが無いかしっかりチェックしましょう。

 

 

皆様いかがでしたでしょうか?????

まだまだ台風シーズンということで今のうちに1度点検をいかがでしょうか??

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福山市・府中市のリフォームなら、

 

<リフォーム・増改築専門店>
Reくらす ―りくらす―
〒721-0942 福山市引野町1001-8
TEL 084-983-1964/FAX 084-983-1967

佐藤 大介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■